[DBD]初心者向けキラー対策[デッドバイデイライト]

Dbdはゲーム内の説明が乏しく対策を知らないと延々とカモられ続けてしまうキラーがたくさんいます

この記事では初心者が苦戦しやすい5人のキラーの能力や弱点を説明していきます

 

THE RAITH 

f:id:matui8810:20181106114838j:image

幾多のアップデートを経てついに強キャラになったレイス君

能力は鐘をならして半透明化することで心音を消し視認しづらくするというもの、透明状態を解除するにはもう一度鐘をならす必要があります

透明状態では移動速度が上がるので他のキラーよりも巡回が速く、接近を察知しづらいこともありゲーム開始時に即捕捉されてしまうことが多いです

弱点は透明状態だと攻撃出来ないことですがアップデートにより透明解除後の一秒間は移動速度が上がるようになったため透明状態で接近されてしまうと結局はチェイス開始と同時に初撃を受けてしまいます

それなら対策らしい対策はないじゃんと思いますよね?

その通りです、「レイスに対してはこれ!」という明確な行動は存在しません

対レイスで重要なのは「チェイスの基本が出来ているか?」これにつきます

レイスは初撃を入れる性能こそ高いもののチェイスを終わらせる(サバイバーをダウンさせる)能力はそこまで高くありません

ですから初撃を入れられることは折り込み済みでそこからは地力勝負になります

そうじゃなくて基本が出来ないから困っているんだという方の為にレイスに有効なパークを書いていきます

 

対レイスに有効なパーク

 

凍りつく背筋(通称猫)

f:id:matui8810:20181103143233j:image

このパークはキラーが36m(ほとんどのキラーの心音範囲は32m)以内でこちらを向いていると普段黒くなっているパークアイコンが点灯しキラーがこちらへ向かってきていることを教えてくれます

その効果はほぼ全てのキラーに有効で透明状態のレイスも含まれます

唯一の例外はtier1状態のシェイプです

↓コイツ
f:id:matui8810:20181106114928j:image

猫をつければシェイプ以外に不意の接近を許すことは無くなるでしょう

猫はレイスへの効果が高くパークが点灯したら部屋の隅に隠れたり、近くの窓枠やパレットに避難することで初撃を入れやすいという強味を潰すことが出来ます

共通パークということもあり全てのサバイバーが最初から取得可能なのでパークに困ったら入れてみるといいでしょう

 

全力疾走(スプバ)

f:id:matui8810:20181103145958j:image

メグ・トーマスの固有パーク

スプバは走行時に三秒間通常の150%のスピードで移動出来るパークです

その移動速度は透明解除後のレイスのスピードをも上回ります

運用方法はレイスが鐘をならして透明解除の素振りを見せたら発動して初撃をかわすという使い方です

猫と同様にレイスの奇襲を無効化出来ますが、熟練のレイスは透明解除の振りをして実際は解除せずにスプバを無駄遣いさせようとしてきます

そうなると走るか走り出さないかの読み合いになります

ただしどのみちサバイバーは走る必要があるので解除したかどうかに限らずそこそこ引き付けたら発動してしまいましょう

スプバは猫以上に汎用性が高く強力なので初心者は優先的に取得すべきパークの一つです

 

レイス総評

とにかくチェイスの基本が試されるキラーなのでステージ毎にパレットや窓枠の配置を覚えるしかありません

配置は何度もプレイして覚えるしかなく、てっとり早く身に付くものではないので忍耐力が重要です

 

THE NIGHTMARE 

f:id:matui8810:20181106114903j:image

映画「エルム街の悪夢」より参戦したコラボキラーです

本作屈指の初心者狩り能力を誇り、前情報無しで対峙してよくわからないうちに処刑されてしまった人も多いのでは?(筆者もその一人です)

わからないからDbdのwikiで調べたもののあまりにも複雑すぎてやっぱりわからなかったっという人もまた多いと思います 

出来るだけ簡単に説明していきます

ナイトメアは通常時サバイバーに手を出すことが出来ません

サバイバーはナイトメアの接近を心音の変わりに子供の歌声で判断出来ますがナイトメアを視認することは出来ません

ナイトメアは自身の能力ドリームデーモンを用いてサバイバーを悪夢に誘うことで初めてサバイバーに干渉することが出来ます

サバイバーもまた悪夢に落ちることでナイトメアをようやく視認することが出来ます

 

ドリームデーモンの対策で重要なこと

・夢から覚める条件

・夢落ち状態でナイトメアの心音範囲(24m)から離れるとナイトメアに位置がばれること

・夢落ち状態ではほぼ全ての作業速度が半分になること

・ナイトメアがサバイバーを夢に落とす為には能力発動から7秒必要

この四つです

最も重要なのが一つ目の夢から覚める条件です

その条件は

・フックに吊られる

・フック破壊以外のスキルチェックに失敗する(治療失敗時は被治療者が目覚めます)

・夢落ちしていない人に目覚めさせてもらう(起きている人が夢落ちしてる人に近づくとコマンドが出ます)

・這いずり状態から回復する

この四通りです

この四つさえ覚えればナイトメア対策は完璧と言っていいでしょう

逆にこれを知らないと一生ぼったくられます

ナイトメアはこのゲームの説明不足という部分のおかげでなんとか面目を保っていると言ってもいいぐらい貧弱なキラーです

夢落ちしそうならパレットや窓枠のあるポジションに行く、夢落ちしたら上記の方法で夢から覚めるを徹底すれば直ぐに脱出出来るようになります

 

対ナイトメアに有効なパーク

 

セルフケア

f:id:matui8810:20181105105238j:image

ナイトメアに対して最も有効なパークです

自身を治療可能になるので治療中のスキルチェックに失敗すればいつでも夢から覚めることが出来ます

ナイトメアとしても単独で発電機も関係なしにどんどん夢から覚めるため堪ったものじゃありません

ナイトメアはセルフケアによる覚醒を咎める手段がなく一種の諦めに近い感情を抱くことになります

困ったらまずはこれ

難点があるとすれば負傷していなければ使えないことぐらいでしょうか?

 

ナイトメア総評

夢から覚める条件と夢落ち時のデメリットさえ知ってしまえばやりやすいキラーです

更にセルフケアも加えればほぼ完璧でしょう

 

THE DOCTOR 
f:id:matui8810:20181106115211j:image

ドクターはサバイバーに電撃を当てることでサバイバーを発狂させ

・居場所の特定

・スキルチェックの失敗を誘発

・電撃を受けてから二秒間は窓枠とパレットを使用不可能にする

などサバイバーに様々なバッドステータスを付与してゲームを有利に運ぶキラーです

ドクターは治療モードと懲罰モードの二つの形態を切り替えながらこちらを追い詰めてきます

治療モードは移動速度(ほとんどのキラーはサバイバーの115%の速さで移動、治療モード時は110%)が落ちて攻撃出来なくなる代わりにサバイバーに向けて電撃を発射したり心音範囲内にいるサバイバーの発狂値を上昇させることが出来ます 

懲罰モードは電撃や発狂値の加算ができなくなる代わりに移動速度が通常の115%に戻って攻撃可能になります

次に発狂についての説明をします

発狂には三段階のレベルがあり電撃に当たったり治療モード中のドクターの心音範囲にいると発狂値が上昇し一定の発狂値が加算されるとレベルが上がります

レベルが上がると段階を問わずサバイバーは大きな声で叫ぶのでドクターに居場所を特定されてしまいます(発狂時にロッカーに隠れていた場合はこらえることが出来ます)

発狂レベル1、2ではスキルチェックが発生した際にランダムでスキルチェックの位置が中央ではなく画面の至るところに振動しながら現れるので失敗しやすくなります

一度発狂レベルが1、2に上がってしまうとレベルを下げる方法は無くゲームが終了するまで悩まされることになります

最後は発狂レベル3に上がった場合です

発狂レベル3は強烈な性能で

・断続的に叫び声を上げる

・板や窓枠を使う以外の行動ができなくなる

などかなりの行動阻害能力を持ちます

しかしレベル1、2と違いレベル3になってしまっても立ち止まってアクションボタンを長押しすることで正気を取り戻すことが出来ます(レベル2に戻ります)

 

ドクター戦で重要なこと

ドクターの能力を大体把握したとこで次はドクター戦でどう動けばいいか説明していきます

ドクターは開幕治療状態でうろうろしながら索敵を行います(心音範囲に数秒いるだけでレベル1に上がるため)

この索敵から逃れる方法はほとんど無いので諦めます

無事発狂して発見されたところでガッツポーズしながら自信満々の歩みで近付いてくるドクターが見えてくると思います

ドクターはサバイバーを発見しても直ぐには攻撃に移らないことが多いです

何故なら上述したように発狂レベル3が強力なのでまずは電撃を当てて発狂値を稼ごうとしてきます

ドクター戦は発狂3になるまでどれだけ時間が稼げるかがキモです

ドクターの電撃は発射に貯めが必要で発射しても判定が出るまで若干時間がかかります

ドクターはサバイバーの移動先を予測して電撃を撃ってきますのでこちらは障害物で視線を切ったりしてフェイントをかけましょう

もしフェイントに失敗して電撃を喰らってもあまり気にしなくていいです

板や窓枠が使えないのは本当に僅かな時間なので大体間に合います

痺れを切らして懲罰モードに切り替えたら買ったようなものです

発狂させないドクターはただの徒歩キラーなので普通にチェイスしましょう

※小ネタ

治療モード中は攻撃出来ないので周りに障害物が無く電撃回避が難しい場合は思いきってドクターに突撃してみましょう

実はドクターの電撃は足元に判定がなく密着されると当てることが出来ません(アドオン無し)

上手くいくと慌てふためくドクターを見れますが冷静なドクターは即懲罰に切り替えて攻撃してくるので実際はただの悪あがきです

もしかしたら役に立つかもしれません

 

対ドクターに有効なパーク

 

魂の平穏
f:id:matui8810:20181107103908j:image

攻撃されても悲鳴一つあげなかったりカラスに近づいても飛び立たなくなったりと色々な効果を持つパークです

先程開幕ドクターの索敵から逃れる方法は“ほとんど”無いと言いましたね?

このパークが私の知る限りでは唯一の回避方法となります

どこら辺がドクターに刺さるかというとこれを使えば発狂しても叫ばなくなります

いくらレベルが上がっても眉一つ動かしません(レベル3による行動阻害は受けます)

ドクターの索敵能力の高さを完全に無効化出来ることになります

対ドクターにおいて最も有効なパークなんです、パークなんですが...

このパークはドクター以外には何の役にも立たないんです

これを入れるということは当たるかどうかわからないアンチドクターの為だけにパーク枠を一つ使うことになります

ドクターの為だけに貴重なパーク枠を割くかどうかは貴方次第です

 

ドクター総評

屈指の索敵能力と妨害能力を誇るため非常にいやらしいです

ドクターにはドクター専用の対策が要求されるのでナイトメアと並んで初心者が苦戦しやすいキラーだと思います

個人的には知識量や咄嗟の判断が勝敗を分けるので対戦していて楽しいキラーではあります(時間がかかること以外は)

イベント期間中はドクターの数が激増するのでその時に魂の平穏をつけていくと効果が実感出来るかもしれません

 

 

THE PIG 
f:id:matui8810:20181106121129j:image

映画「SAW」より参戦したコラボキラーです

索敵もチェイスもそこそこ得意なうえ「逆トラバサミ」によって遅延も可能とハイスタンダードな性能を持ちます

ピッグは固有能力としてしゃがみ歩きが可能でしゃがみ歩き中は移動速度が低下(サバイバーのダッシュと同速)する代わりに心音を消すことが出来ます

しゃがみ歩き中は咄嗟の攻撃が出来ない代わりにボタン長押しで移動速度の速い奇襲攻撃が可能です(奇襲というわりには声煩いし発生遅いしで使用するのは大体チェイス中になります)

特筆すべきは這いずり状態のサバイバーにのみ装着可能な逆トラバサミでこれが作動するとサバイバーはフックに吊られた回数に関わらず死亡してしまいます

作動する条件は

・トラバサミ装着後に発電機修理完了でスタートするタイマーが一周する(タイマーは画面左下のサバイバーアイコンで確認出来ます)

・トラバサミ装着状態でゲートから脱出しようとする

の二通りです

トラバサミのタイマーは

・フックに吊られている

チェイス

・這いずり状態

の時はストップします

トラバサミを解除するにはステージ内にランダムで設置された4つのボックスから当たりを引く必要があり、このボックスには法則性などが一切無く純然たる1/4運ゲーになります

運が良いと一つ目で解除出来ますが運が悪いと四つ目まで続くので平均的に考えるとかなりの時間を浪費させられてしまう困りもの

 

対ピッグにおいて重要なこと

トラバサミが着いてない人は発電機を回す、これに尽きます

「味方がトラバサミ着けられてるんだから直したらタイマーが...」と躊躇するかもしれません、しかし発電機を直さなければサバイバーは脱出出来ないんです

トラバサミによってキラーに時間的余裕が生まれるということはサバイバーには時間が無いということです

チェストボックスを漁ったり、無力トーテムやフックを破壊してる時間はありません

目の前の発電機に集中しましょう

単純に能力に隙がなく強いキラーなのでピッグ戦は他のキラーよりもアクティブに動くことが大事です

とまぁこんな感じで対策を練ろうにも弱点が無さそうなピッグですが一応漬け込みやすい点もあり、大半のピッグは誰かを吊るしたら直ぐにフックから離れる傾向があります

何故ならトラバサミを着けた人数が増えるほど遅延が望めるので他のキラーよりサバイバーを均等に吊るす事がメリットになるからです

そのため多少早めな救助でも問題ありませんが心音が聞こえなくても油断はしないでください

しゃがみ状態で物陰に潜んでいるかもしれません...

 

対ピッグに有効なパーク

 

凍りつく背筋
f:id:matui8810:20181106194038j:image

対レイスでも紹介した猫がピッグにもかなり有効です

個人的には最も猫が刺さるキラーだと思います

しゃがみ歩きで心音を消して接近してきても事前に察知可能なうえレイスの透明状態と違いピッグのしゃがみ歩きは移動速度がかなり落ちます

なので「猫が点灯したら離れる」をするだけでピッグがお目当ての場所についた頃にはもぬけの殻です

しゃがみ状態では巡回が遅くなるためこれを一回されるだけでピッグはかなりの時間を無駄にし、発電機を動かした形跡があるのに見つからないという焦燥感を煽ることが出来ます

 

ピッグ総評

逆トラバサミを如何に速く解除出来るかに懸かっている所があるので個人的には苦手なキラーです

奇襲攻撃がいまいち使いづらいのが救いですかね....

※小ネタ

ピッグと後述のハグは背が低いせいで視点が他のキラーより低く索敵やチェイス面で大きなハンデを背負っています(正直理不尽だと思う)

 

 

THE HAG 
f:id:matui8810:20181107000730j:image

移動速度が遅い(110%)代わりに罠を使ってワープ出来るキラーです

地面に設置した罠をサバイバーがしゃがみ歩き以外で踏むと罠が作動し一定時間作動した罠へのワープが可能になります(ワープ出来るのは自身の40m以内で作動した場合のみです)

罠を作動させると地面からハグが飛び出し視点がロックされますが、これはハグ本体ではなくただの幻影で基本的には何もしてきません

ワープしてきたかどうかはハグの幻影が一瞬消えてモヤッと本体が出てきたかで判断出来ます

ハグはステージ内に最大10個まで罠の設置が可能でほとんどの場合

・発電機

・板や窓枠

・呪いのトーテム

・サバイバーが吊られているフック

の周辺などに罠を設置します

 

対ハグで重要なこと

誰もチェイスをしていなければ上記の罠がありそうなポイントではしゃがみ歩きでやり過ごしましょう

逆に負傷状態でチェイスをしている人がいたら走って踏み荒らしましょう

理由は二つあります

一つ目は一度作動した罠は消えるため罠を作動させることでハグが罠を設置するまでにかけた時間を無駄に出来るからです

二つ目はたとえワープ可能な範囲で罠が作動してもハグからしたら負傷していないサバイバーへワープするより負傷状態のサバイバーを追い続けた方が効率が良いからです

ハグがそこから離れたくない理由がある場合はどんどん踏むといやらしいサバイバーになれるでしょう

 

対ハグに有効なパーク

 

都会の逃走術
f:id:matui8810:20181107131243j:image

ネア・カールソンの固有パーク

しゃがみ歩きの移動速度が二倍になります(歩きと同速)

罠回避のためにしゃがみ状態になる事が多いハグ戦でとても役に立つパークてす

しゃがみ状態では疲労ゲージの回復速度が上がる他、姿勢が低くなるためキラーに見つかりづらく

逃走術による高速しゃがみ歩きは近くを探索しているキラーをかわしやすくなります

ハグ以外のキラーにも効果的なので入れて損は無い優秀なパークです

 

ハグ総評

固有パークの影響で初心者はかなり当たりやすいキラーです

罠によるワープは脅威ですが移動速度が遅いためチェイスでの時間の稼ぎ方を学びやすく、キラーサバイバー共に遊びやすいキラーだと思います

もしキラーをやってみたくなったら一番のオススメです

 

まとめ

長々とキラー毎の対策を書いてきましたが、やはり一番の対策は苦戦したキラーを実際に自分で使ってみることだと思います

キラーも非常に楽しいので興味のある方は是非一度プレイしてみてください

拙い文章でしたがお役に立てば幸いです