[DBD] 初心者おすすめパーク[デッドバイデイライト]

キラーメインプレイヤーによる初心者サバイバーが優先的に取得すべきパークを何故必要なのかどこがどう強いのか説明しながら紹介していきます(PS4です)
f:id:matui8810:20181101122511j:image

 

一位 決死の一撃(通称DS)

f:id:matui8810:20181103111913j:image

ローリー・ストロード(金髪の美人な姉ちゃん)の固有パーク

いきなりDLC込みかよと思いますよねすみません、明らかに抜けて強いので一位としました

おそらくDBDプレイヤーのほとんどが賛成同意するであろうサバイバー側最強のパークです

効果はキラーに担がれた時に発生するスキルチェックに成功すると一度だけキラーを最大4秒(バグで実質5秒)スタンさせたうえでキラーの腕から逃れるというトンデモナイ代物

これの有る無しで脱出率が著しく変わるレベルのぶっ壊れパーク、これのせいでキラーのほとんどが不屈を装備せざるを得ないぐらい強いです

何がそれほど強いのか説明すると本来キラーに担がれたサバイバーがキラーの腕から脱出するには

・もがきゲージを最大まで貯める

・サバイバーを担いだ状態のキラーにパレットまたはライトを当てる

の三通りですがどれも自発的に狙うことが難しく普通にプレイしていたらあまり起こらないので基本的にはサバイバーはキラーの腕から逃れることは出来ないバランスになっています

DSにそんなものは関係ありません単独で発動できるうえデメリットも存在せずスキルチェックが成功すれば確実に逃げ出すことが出来ます、明らかにバランスを崩しているオーバーパワー的存在です

現状このパークへの対策はほとんど無く発動した際の被害を軽減するかそもそも発動させないように注意するかぐらいしかなくそのどれもが充分な対策にはなりません

逆に言うとキラーはDSをある程度は喰らうことを前提に立ち回る必要があります

本作はパークの組み合わせによって様々な構成を作ることが出来ますがどういったコンセプトであっても入れない理由がない程に強力なパークです

このパークによってサバイバー側が得る時間的猶予は計り知れません

パークに迷ったらまずはこれでしょう、唯一の難点はDLCを購入しなければ入手しづらいことくらいですね

 

 

二位 全力疾走(スプバ)または他のダッシュパーク

f:id:matui8810:20181103111954j:image

メグ・トーマスの固有パーク

二位なのに一杯あるの?って感じですがようするにチェイス時に役に立つダッシュパークをどれか一つ入れようということです

そのなかで一番おすすめなのが汎用性が高く使いやすいスプバです(というか他のダッシュパークが場所を選んだりで使いづらい)

効果は走行時に三秒間通常の150%のスピードで移動出来るというもの、通常の150%ですのでキラーより足が速くなります(キラーはサバイバーの115%のスピードで移動します)

チェイス開始時に距離を取れるのでキラーの接近を許して不意に一撃入れられるということが減ります

慣れるとチェイス以外にも最寄りの発電機や吊られた味方に素早く近づくなど様々な使い方が可能で敷居が低く天井が高い為初心者から上級者まで幅広い活躍が見込めます

欠点は走行時必ず発動してしまうので温存するには歩くかしゃがみ歩きしかないということです

チェイス時に発動しようと温存ばかりしてるとゲームの進行速度が下がり知らず知らずのうちに窮地に立たされてしまいます

ほどほどに思い切った運用を心掛けましょう

 

三位 血族

f:id:matui8810:20181103112047j:image

まさかの血族が三位入賞、正直サバイバーの七割近くがptを組んでいる現状で挙げるべきか悩みましたがあくまでも野良目線でいきます

血族は全てのサバイバーのブラッドウェブに登場するパークなので固有パークと違いどのサバイバーでも取得することが出来ます

血族は自身がフックに吊られたときにサバイバー同士の位置とフック付近にいるキラーの位置を可視化するというものです

一位二位に比べるといまいち強味がわからないという人も多いと思うので説明していきます

基本的に味方がフックに吊るされてしまったら誰かが救助に行かなければなりません

しかしいざ救助に行ったら他の味方も救助に来ていて自分は必要なかったという経験があると思います

誰かが吊られたときに最も効率的な行動は一人が救助に行き残りの味方は発電することです、救助は一人いれば充分です

しかし野良で役割分担をするのは非常に難しく誰が救助にいってるのかわからないないなら自分がいく他ないという状況もたくさんあると思います

そんな時血族を入れると救助が非常にスムーズに進みます

お互いの位置がわかるので吊られていた人の近くに誰かがいればその人に救助は任せて残りのサバイバーは発電に専念することが出来ます

このように味方の行動の効率化が計れるというのが血族の最大のメリットです

キラーからするとフックから離れた瞬間に救助はされるわ発電機はバンバン直るわで堪ったものじゃありません

キラーがフックに張り付りつこうが(通称キャンプ)血族を着けていれば丸見えなので救助せず発電を徹底すれば死亡する頃には最低でも3つは直ります

またキラーがキャンプするならこちらも同じことをやり返しましょう、次は通電します

欠点は血族を着けた人が吊られないと意味が無いことですがどんなに上手いサバイバーでもキラーの方が足が速いというゲーム性上いつかは吊られるのであまり気にしなくていいです

個人的にはキラーをやっていてDSの次に厄介なパークです

これの有る無しでサバイバーの動きのキレがかなり変わります

 

四位 与えられた猶予(ボロタイ)

f:id:matui8810:20181103112210j:image

キラーの心音(キラーが近づくと鳴るBGM)範囲に居る時に味方を救助すると救助された味方が一度だけダウンせずに攻撃を耐えることが出来るというもの、まぁ簡単に言うとキラーがフックの近くに居ればokです

血族に続きこちらも全サバイバーが取得可能なパークです

ボロタイはキラーが近くにいるけど救助するしかないという時に真価を発揮します

救助するしかない状況とは何かというとフックの耐久間際(ボタン連打状態)や死亡寸前の状態のことです

サバイバー側は人数が減ると不利になるので出来るだけ耐久前や死亡前に救助がしたいですよね?

しかしキラーも考えることは同じで人数を減らせば有利になるので出来るだけ早くサバイバーの数を減らしたいわけです

自分がキラーならあと数秒で耐久に入る、または死亡するサバイバーがいたらガッチリキャンプして確殺します、それほど人数を減らすのは重要なことです

フック近くにキラーが居る場合無理矢理に救助しても披救助者がすぐさま攻撃を受けてダウンするのがオチでしょう

こうなるとサバイバー側は救助するまでに費やした時間を無駄にしたことになります

吊られたプレイヤーからしても逃げれるわけがないんだから発電してくれと愚痴りたくなります

こういった状況でチャンスを生む為に私はボロタイを推します

ボロタイがあれば他のサバイバー次第で披救助者が逃げ切る可能性が生まれます

たとえ逃げ切ることが出来なくても多少の時間稼ぎになるので救助に費やした時間がまるまる無駄になるということもありません

積極的な救助が出来ると言っても流石に限度はありますが「この救助はダメ、この救助ならいける」という感覚を掴むことも出来るため非常に有用なパークだと思います

欠点は近くにいても心音が聞こえないキラーなどには発動しないことです(レイス、シェイプ、ピッグ、ハグなど)

 

五位 セルフケア

f:id:matui8810:20181103112502j:image

クローデット・モレルの固有パーク

読んでいる人の中で既に取得済みという方も多いと思います

セルフケアが一位じゃないの?という意見も多いと思うので解説していきます

結論から言うと非常に強力なパークではあるものの個人的な優先度は低めです

効果は通常の半分のスピードで単独治療が可能になり治療キットの使用効率(簡単に言うと使える時間が増える)があがるというもの

セルフケア無しで負傷状態から回復するには

・誰かに治療してもらう

・治療キットを使う

この二通りです

基本的に単独で復帰するには治療キットを使うしかなくほとんどの治療キットは一度しか使えません

しかしセルフケアがあれば負傷状態から単独で無限に復帰出来ます

速度が通常の半分というのが凄まじく強く誰かに治療してもらうことで初めて100%なのに単独で50%ということはセルフケアを使うことによる時間的遅延は全くなく一人で治療しようが誰かに治療されようが関係ないということになります

じゃあこんなに強いのになんで優先度低いの?となりますよね

そんなセルフケアにも欠点があります

セルフケアは当然負傷状態にならなければ効果を発揮しません

負傷状態になるということはほとんどの場合キラーと追いかけっこ(チェイス)をしている時です

セルフケアを活用するにはまずキラーを振り切る必要があります

現在のバランスは熟練のサバイバーでもキラーの追跡から逃れるのが非常に難しくなっており、始めて日が浅いプレイヤーがパレットや窓枠を有効的に活用するのは難しく、取り敢えず真っ直ぐ逃げてパレットが有ったら倒すぐらいが精一杯だと思います

セルフケアを使う間もなく処刑されてしまうことの方が多いでしょう

非常に強力なパークですが真価を発揮するのはある程度マップやキラー毎の対策を覚えた時になります

初心者の方は「セルフケアはマストピックだから真っ先に取るべき」と思いがちですが私は初心者の方でDLC購入に抵抗がなければローリーを、まだやり始めでそこまでしたくない方にはメグをお勧めしています

 

総評

ゲーム時間が長引くほどサバイバーはどんどん不利になっていきます

限られた時間の中での取捨選択がこのゲームの醍醐味でありそれが出来るようになると自然と脱出率は上がっていくことでしょう

私なりのTOP5でしたがお役に立てば幸いです